スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望の雨

hasu-1.jpg
待望の雨が降りました。ありがたいことです。
キュウリが枯れかかっていましたがなんとか助かりそうです。
ニガウリも葉っぱがしおれていましたが元気を取り戻しました。
しわしわの実になっていましたがみずみずしいニガウリがぶら下がっています。

お天道様有難う御座いました。
スポンサーサイト

雨乞い

hasu-14.jpg
梅雨の時は連日の雨でした。
多すぎるので早く雨が止んで欲しいと望んでいました。

今日この頃は連日の猛暑で雨無し。
畑のきゅうりさんは枯れ始めました。
他の野菜さんも青息吐息の有様です。

及時雨のどなたか、雨を降らして下さい。

私の消夏方報

hasu-1.jpg
現在午後8時過ぎです。
パソコンのある2階の部屋の温度は32度です。

平生が暑い家の中で暮らしているので暑くてたまらないということは有りません。

朝は早く起きて涼しい内にやりかけている仕事を片付ける。
畑に行って力仕事をすることもあります。

すべて朝飯前です。

汗をかいたらシャワーで汗を流します。

半ズボン半袖シャツ、首にタオルを巻いて汗ふき。

冷たい飲み物は飲まない。
ビールもお腹を冷やすので飲まない。
アイスクリームも食べないようにしている。
ほとんど暑いお茶、麦茶、ごぼう茶を飲んでいる。

散歩の時に持ち歩くペットボトルの水は歩いている内に暖かくなる。

キュウリ、トマト、西瓜も身体を冷やすので夜寝る前は食べないようにしている。

昼寝は出来るだけ毎日する。目が覚めるまでの時間で疲れているかどうかの参考にしている。

朝3時4時に起きて一仕事をした時は、朝飯後に寝る。
これがまた気持ちがいいのです。

夜はできるだけ早く寝るようにしている。
起きていてテレビを見るのは時間の無駄である。
テレビと新聞は時間泥棒であると思っている。



自然死

hasu-13.jpg
中村仁一著「自然死」のすすめより 
抜粋

「自分の死」を考えるのは「死に方」考えるのではなく、死ぬまでの「生き方」を考えようということ

 すなわち、いのちの有限性を自覚することで「今、こんな生き方をしているが、これでいいのか」
と現在までの生活の点検と生き方のチェックをし、もし、「いいとはいえない」というのなら軌道修正を、その都度していこうということなのです。

 そして結果として
1,目をつぶる瞬間「いろいろあったけど、そう悪い人生ではなかった」と思え
2,親しい周囲との永遠の別れに対しても感謝することができ、後悔することが少なくて済む
 という功徳があります。
プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
老境、清々なり、なにごともそこそこに、ほどほどに。

老人のしぐさはできるだけ、はしたなくしないで、見た目が美しく、老木に花が咲くような趣になることである。
初心を忘れざること。
(花伝書より)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。