スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書(2)

lantan-8.jpg
本を読むことのマイナス面

本を読むとカンが鈍る
本を読むと知ったか振りをする

心しなければイケない点であると思う。

知っていても知らないこととしてゼロになって謙虚に物事を聴くようにしなければならない。

(写真は長崎ランタンフェスティバルの一齣)
スポンサーサイト

読書

tubaki-2.jpg
トイレに家庭菜園の本を置いています。
その時期の作業を確認するために時々見ています。
果樹の本も見ています。
肥料のやりどきをチェックします。

この頃朝4時か5時に起きて昔一度か二度読んだ本を読み返しています。
もう一回読みたいなと思っていた本は流石に読み応えがあります。

最近新しい本で老子の本を読んでいます。
加島祥造氏が老子の英訳版を日本語の現代詩に翻訳したものです。
原本の日本の学者が訓読したものに比べて分かりやすくて面白いです。

電気ストーブを点けても気温10度くらいですが
静かに本を読む時間は至福の時間です。

自然への畏敬

tubaki-14.jpg
諫早湾をきれいにする働きをしていた干潟を、堤防を閉めきってなくしてしまった。その為淡水湖はドブのたまり池となってしまった。大自然はその暴挙を怒り雲仙普賢岳を噴火して人間に警告を発した。しかし、干拓推進者にはその意味が分かって頂けなかった。

東北地方だけでなく日本全国自然を破壊してなんとも思っていない人間にまたも大警告を発した。
地震と津波で大きな教訓を頂いた。

しかしまだ分っていないようだ。

何時になったら分かってくれるのだろうか

自然を恐れて祈って生かされていることを早くわかってほしい。

正月気分

tubaki-4.jpg
昨年3月の震災で東北で被害に合われた方々が苦しい生活をしていることを思うと
豪華なおせち料理でお酒を飲み放題に飲んでいる人を見ると情けなくなる。

デパートや商店街で福袋を買い求めて眼の色を変えて走り回っている人を見ると悲しくなる。

皆で分かち合う気持ちがあれば、東北の厳しいお正月を迎えている人々の思う気持ちがあれば、
自ずから慎ましい暮らしになれるのにと思う。

謹賀新年

grapes-8.jpg
新年明けましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげます。

今年のテーマは

ゆっくり早く
優しさと柔らかさ

です。
どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
老境、清々なり、なにごともそこそこに、ほどほどに。

老人のしぐさはできるだけ、はしたなくしないで、見た目が美しく、老木に花が咲くような趣になることである。
初心を忘れざること。
(花伝書より)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。