スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節について

yasai-105.jpg
親父が自分の名前に「節」を付けてくれたので節について考えた

節:竹・枝あるいは骨などのふし
節:限りありて止まるの義なり 節止の意味である。
節制:度をこさないようにほどよくすること、ひかえめにすること
節操:信念をかたく守って変わらぬこと
節奏:音楽の程よい調子
節約:つづまやか、物事をほどほどにつづめること
節義:節操を守り、正道をふみ行うこと
節度:度を越さない、適当なほどあい
節倹:費用を省いて、質素にすること
節酒:酒を飲む量を適度に減らすこと
節食:食事の量を適度に減らすこと
節節:①おりおり、その時その時②たびたび、ちょくちょく
節約:ムダを省いて、費用を切り詰めること
節用:費用・労力を節約すること

志士が悲惨な境遇にあって、その志節を立て通すことは、いかにも苦節である。
若い女が、夫を失い、子を抱いて、頼る者とてない貧窮の中に、貞節を立ててゆくのは苦節である

好い夫子を持ち、境遇に恵まれて、誘惑を斥けてゆくのは、安節であり、甘節である
功成り名遂げて、富貴の裡に、晩節を清くするようなことは安節であり、甘節である

易経[水澤節]より
音楽も楽節から成り立ち、宇宙も生命も節奏(リズム)である。
道徳も節義である。
健康も節度であり、政治も亦「数度を制し、徳行を議する」ことである
スポンサーサイト

想定外

yasai-2.jpg
医師
環境医学研究者  原田 正純 さんの 投稿エッセイから

想定外とは科学の無能を意味する

 「大量の原子力発電が行われた場合の恐ろしさは想像を絶する。利潤や採算ほど勝手なものはない。国民の楽しい健全な生活を犠牲に供し、尻拭きは国民の手で行うのだから、こうして危険を警告するものを一笑に付したり、悪者扱いにして、あとは知らぬ顔である」、「(放射線は)どんなに微量であっても、人体に悪い影響を与える。(中略)どこまで有害さを”我慢するかの量”が許容量というものである。つまり許容量とは、利益と不利益とのバランスを図る社会的な概念なのである」と物理学者の武谷三男氏は1967年に書いた「安全性の考え方」(岩波新書)の中で書いている。

 今回の原発事故で”想定外”という言葉がしばしば行政や専門家から聞かれた。そして、今日まで、原発の危険性を指摘する者は”煽動者”扱いにされてきた。「安全についての指摘は、どうしても利潤の側、つまりは実施される側に対しては”ニガイ言葉”にならざるを得ない」とも武谷は書いている。それから、約半世紀経た今日、3.11の事故を契機に原発の危険性を言う学者、専門家が増えてきた。事故以前、原発に異議を唱えた研究者たちは研究費も削られ、助教どまりで、教授になれなかった。安全神話をまき散らした学者たちの責任は”想定外”で済まされるだろうか。予想が外れたことを責めているのではなく反論を差別し、体制に迎合したことを問題にしているのである。
 1969年6月に始まった水俣裁判の時、「前例がなかったから危険性を予見不可能だった、したがって責任はない(無過失責任)」とチッソは想定外を主張した。裁判支援の水俣病研究会では激論の末、武谷氏の「安全性の考え方」を取り上げ、「安全性が十分に確認されるまでは危険であるとする考え方を取るべきで、危険と明らかになった時は手遅れである」とチッソの主張に反論した。結果は勝訴だった。

 想定外ということは科学の無能を意味する。
プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
老境、清々なり、なにごともそこそこに、ほどほどに。

老人のしぐさはできるだけ、はしたなくしないで、見た目が美しく、老木に花が咲くような趣になることである。
初心を忘れざること。
(花伝書より)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。