スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を見た

harugakita-24.jpg
夢のなかで特攻隊として出撃して沖縄で戦死した兄が帰ってきた。
福島原発事故の復旧作業に参加するのだそうです。

自分は九州に離れて住んでいて何も出来ないでいる。
そのもどかしさをなんとすることもできないでいるザマを叱りに夢に出てきたのかもしれない。

スポンサーサイト

祈り

suisen-3.jpg
地震津波の被害に遭われて亡くなったかた、避難所で暮らしている方々、原発の事故処理に当たられている方々のことを考えると心が痛みます。

自分に出来ることは何だろうかと考える。

ただ祈ること
般若心経を唱えること。
写経をして冥福を祈ること。

節すること。
節電
節水
節食
節倹
節制

これから復旧復興に長い長い時間がかかりそうです。

お見舞い

harugakita-15.jpg
未曽有の大惨事に心が痛みます。

特に原子炉の事故を回復させるために命を懸けて働いてくださっている作業員の方を思うと辛い気持ちでいっぱいです。

一日も早い原子炉の安定を祈るばかりです。

一分を減省

harugakita-17.jpg
菜根譚より

 人生は一分(いちぶ)を減省(げんせい)せば、便(すなわ)ち一分を超越す。如(も)し交遊減ずれば便ち紛擾(ふんじょう)を免れ、言語滅すれば便ち愆尤寡(えんゆうすく)なく、思慮減ずれば則ち精神耗(こう)せず、聡明減ずれば則ち混沌完(こんとんまっと)うすべし。彼の日に減ずるを求めずして日に増すを求る者は、真に此の生を桎梏(しっこく)するかな。

 人生はすこしだけ減らすことを考えれば、その分だけ世俗から抜け出すことができる。たとえば、もし友人との付き合いを少しだけ減らせば、その分だけ煩わしいいざこざから逃れられるし、発言するのを少しだけ減らせば、その分だけ過失が少なくなる。また、思案するのを少しだけ減らせば、その分だけ精神は消耗しないし、利口ぶるのを少しだけ減らせば、その分だけ本性を全うすることができるのである。それなのに、日毎に少し減らすことを努めないで、かえって日毎に少し増すことを努めている者は、全くその一生を、自分から手かせ足かせで束縛しているようなものである。
プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
老境、清々なり、なにごともそこそこに、ほどほどに。

老人のしぐさはできるだけ、はしたなくしないで、見た目が美しく、老木に花が咲くような趣になることである。
初心を忘れざること。
(花伝書より)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。