スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念無想

sazanka-4.jpg
菜根譚より          

 今人専(もっぱ)ら念なきを求めて、而(しか)も念終(つい)になかるべからず。只(た)だ是れ前念滞(とどこお)らず、後念迎えず、但(た)だ現在的の随縁を将(もっ)て、打発し得(え)去れば、自然に漸々(ぜんぜん)に無に入らん。

 近ごろの人は、専心、無念無想になることを求めるが、(かえってその為に雑念を生じて)、結局、無念無想になれないでいる。ただ、前念をとどめてくよくよすることなく、後念を迎えてびくびくすることもなく、ただ目の前に起こっている物事を、次々に片付けて行くことができれば、自然にだんだんと無念無想の境に入っていくことができよう。

この本を書いた人 洪自誠 は 今から約400年前の人です。
その人が、近ごろの人と書いていますが、現在にもあてはまるのが面白いです。
 

写真 山茶花
スポンサーサイト

ながら族

sazanka-9.jpg
一日24時間を25時間に使うため「ながら」族をやっています。
何か並列的に事を捌くということかとも思います。

食事をしながら新聞を読みラジオを聞く
風呂に入りながら詩吟のお稽古
散歩しながら詩吟のお稽古
ションベンをしながら腰落とし体操(やってみてわれながらおかしい形)

もっとほかに何か無いかな?

人生90年時代

sazanka-2.jpg
御茶ノ水女子大学名誉教授 
外山滋比古氏の記事を紹介します。

人生をマラソンと定義すれば定年は折り返し地点に当たる
自分の為に自分の元気になるためのヒントです

1,規則正しい生活
2,朝飯前は「金の時間」
朝めし前に仕事をすませ、朝飯を食べた後にもう一度寝る
3,空腹の効用
一日に一度は空腹を感じる時間があったほうが良い
4,悪いことを忘れる
「失敗をしないと進歩はない」
「悪いことはむしろ、いい経験になる」
5,予定表をつくる
日記より予定表が大切
実行できたものに◯
◯印を増やすためには嫌なことから手をつける
6,5体の散歩
体力を維持するために足の散歩だけでなく、手、口、頭
頭の散歩は記憶することでなく、思考力をつけること、物事を判断したり、想像力をふくらませることが頭の散歩になる
7,人生を二毛作に
定年後2・30年の時間があれば、これまでとは全く違う、もう一つの人生を味わうことが出来る。

シンプルに生きる_3

sazanka-1-2.jpg
大好きなものに囲まれて暮らしたい

古くなってもう好きでない洋服
友人からもらったもので捨てるのは悪いような気がして捨てられない
熱に浮かされるように買って読んだ本も今は興味がなくなった
何時か使うかも知れないと思って溜め込んでいる物

心のなかにも捨ててしまえばいいものを捨てられぬ辛い思い出

こんなモノを全部捨ててしまって
飛びっきり良いものだけに囲まれて暮らしたい

シンプルに生きる-その2

1,それぞれのものの置き場所を決める
2,空き箱、袋、空き瓶などを溜め込まない
3,常に「どうしてこれを取っておくのか」と自問自答する
4,良いものをより良いものと交換することを躊躇しない
5,手元にお金があるときのみ買う
6,関わっているさまざまな活動の数をへらす

明るい未来が開ける予感がする

シンプルに生きる

sazanka-1.jpg
衝動買いでまた本を買いました。
パソコンも人間も贅肉がいっぱい付いて重くなりましたのでこれからシンプルに生きていきたいと考えました。

パソコンは重くなる過ぎたときは新品に換えることが出来ますが人間はできません。
考え方から持ち物まで少しずつ軽くしていくつもりです。

シンプル主義
1,嫌なことは引き受けない
2,大事なもの以外なにもいらない
3,欲求と必要の違いを区別できるようにする
4,場所を移動しただけで「片付けた」と思わない
5,シンプルにすることは「愛するものを排除するのではなく、幸せのために役にも立たず、貢献もしないものを排除するのだ」と自分に言い聞かせる

来年はシンプル元年にしよう

糖尿病対策

kiku-8.jpg
糖尿病対策の特集を組んでいる雑誌を買ってきました。

今後の自分自身の対策ととして
1,過食をしない。
2,運動をする。
は今まで通り

これから新しくはじめることとして
3,足裏ほぐし
4,こりほぐし整体
5,腰落とし(スクワット)
冷え性対策として
6,生姜を摂る。

さて、次回の検診、血液検査が楽しみです。

陰の声:そんなにすぐに効果が現れるはずがないよ

行く年来る年

kiku-6.jpg

more...

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
老境、清々なり、なにごともそこそこに、ほどほどに。

老人のしぐさはできるだけ、はしたなくしないで、見た目が美しく、老木に花が咲くような趣になることである。
初心を忘れざること。
(花伝書より)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。