スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実

tubaki-6.jpg
『 日本の経済の仕組み 』

        ネットワーク『地球村』代表 高木善之

新聞に、「鳥取のかんぽの宿、1万円で売却、落札業者は6000万円で
転売」とありました。調べてみると「建設費は10億円」でした。
つまり国民の10億円で建てた施設が、赤字経営だから1万円でたたき売り。
落札業者は6000万円で売って暴利をむさぼった。ひどい話です。

さらに、「かんぽ79の施設をオリックスに109億円で売却予定」。
調べてみると「建設費2400億円」。それを96%の値引きでたたき売る
予定なのです。その損失は、国民(あなたや私)の郵便貯金と簡保なのです。
この施設を作った責任、赤字経営の責任、たたき売りの責任はどうなるの
でしょう。

貯金、保険金、年金は、私たちは「自分のお金を預けている」と思っていますが、
そうではありません。郵便貯金や簡保は日本郵政(以前は総務省・郵政省)が、
銀行預金や保険金は銀行や保険会社が、年金は社会保険庁が運用しています。
つまり私たちは「投資している」のであり、それを国や民間の金融機関に
任せているのです。
投資にはリスクがあるのは当然で、儲かれば増える(利子が付く)し、
損をすれば減ります。場合によっては無くなってしまう場合もあるのです。

現在、日本の赤字(地方の赤字を含めて)は世界最大の1000兆円以上。
これは、国民が背負っているのです。一人当たり約800万円。
家族4人なら3200万円。どういう意味かおわかりでしょうか。

この巨額の赤字はなぜ生まれたのでしょう。
国は、福祉や医療、教育、公共事業をしていますが、その中には多くの無駄が
あります。特に公共事業は、無駄なダム(先月号で書いた熊本県の川辺川ダム、
淀川の大戸川ダムなど多数)、車の走らない自動車道路、ムダな埋め立て
(長崎県諫早湾、島根県中海の干拓など)、見通しのつかない空港(静岡空港、
茨城空港など)、各地に作ったリゾート(シーガイヤ、グリーンピア、
チボリ公園など)、数えきれないくらいです。同じ場所の「掘ったり埋めたり」
の無駄な道路工事や護岸工事。その中には、いまも赤字を垂れ流しのものも
たくさんあります。「かんぽの宿」もその一つ。その他にも、厚生年金にも
多くの赤字施設があります。さらに、赤字施設が信じられない価格で売却されて
いるのです。会社なら倒産したり、社長は辞任しますが、国は倒産もせず、
責任者は辞任もしないから、赤字の垂れ流しが続いているのです。

巨額の赤字の大部分は、間違った投資、まちがった公共事業です。
さらにたちが悪いことに、その張本人(政治家や官僚)は、公共事業を発注
する「特殊法人」や公共事業を受注する「特定企業」に天下りして不適切な
公共事業を推進し、「天下り」を転々とすること(渡り)で高額の退職金を
何回も受け取るのです。それが、政、財、官の悪のトライアングル。
官僚政治です。
そのような仕組みの結果、1000兆円を超える巨額の赤字が生まれたのです。
そして、その赤字が毎年20~30兆円ずつ増えているのです。

★その赤字は、なぜ放置されたのか。
国家予算には、国会で審議される一般会計と、国会で審議されない特別会計が
あります。一般会計は新聞やテレビで報道されている「83兆円」ですが、
特別会計は「200兆円」。一般会計よりはるかに大きいのです。それを
動かしているのは国会ではなく官僚(霞が関)であり、それが、「官僚政治」
「政権が代わっても政治は変わらない」と言われる理由です。
一般会計と特別会計の総額が本当の国家予算ですが、その実態は非常に複雑で
重複もあり、実際の国家予算の総額は約214兆円です。

★より重要なこと
一般に知られているのは「国家予算83兆円、税収54兆円、赤字29兆円」
ですが、実際は「国家予算214兆円、税収54兆円、赤字160兆円」です。
では、その赤字は誰が?
それは、国民(あなたや私)の預貯金、保険金、年金なのです。
つまり、国民の預貯金、保険金、年金1400兆円のうち、1000兆円は
すでに投資されて損失になってしまったのです。

★事実を知ること
国民の預貯金、保険金、年金の大部分は、無駄な公共事業、不適切な公共投資
によって失われたのです。今も、その張本人の官僚の給与や、官僚OBの不正
な給与や退職金や賄賂に使われているのです。

いま、議論されていることや、考えられる可能性は、
(1)消費税を上げて税収を増やす。
(2)鎌倉幕府の「徳政令」のように、借金をすべてなかったことにする。
(3)政府が1000兆円のお金(紙幣)を発行する。

いま、みんなが一斉に預貯金を引き出そうとしたら、どうなると思いますか。
10年後、20年後、年金は全額支払われると思いますか。
10年後、20年後、死亡時の生命保険は全額支払われると思いますか。

※参考 「日本人が知らない恐るべき真実」(安部芳裕著 晋遊舎)
スポンサーサイト

健康とは

kisuisen.jpg
聖路加国際病院理事長の
日野原重明 氏(97歳)の講演を聴く機会がありました。

健康とは何か
健康には二つある。一つは外へ向かう体の健康、もう一つは内に向かう心の健康。体が病むと心がうずき、食欲がなくなり、人は生きる気力を失う。たとえ病気や年を取って体力が衰えても、内なる自分に今日も生きることを許されている特権に感謝をささげることが出来れば、君にはまだまだ生きるエネルギーが身体に生じる。体が病んでもまだ老いても、心の中に命の健康感がただよえばそこに健康は実存する。健康とは詰まるところ湧き出でる健康感、爽やかな気持ちである。

生き方
愛すること、やったこの無いことをはじめること、経済状況に耐えること、子供に接近して平和と愛を子供に教えて、次の時代の平和の魁に日本がなって憲法9条を守るとことが日本人の使命である。

もうすぐ100歳の大先輩のお話が諫早の老人に元気づけてくれました。

有難うございました。
Thank you again.




生きる

boke.jpg
谷川俊太郎の『生きる』の詩を紹介します。


 生きる 』

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと


生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして かくされた悪を注意深くこばむこと


生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ


生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまが過ぎてゆくこと


生きているということ

いま生きているということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ

エジプト展

hanaume2.jpg
長崎歴史文化博物館で開催されている
「吉村作治の新発見!エジプト展」を見てきました。

親子ミイラの迫力はすごかったです。

吉村教授の執念が実ったその瞬間の涙も美しかった。

死んだらミイラになって復活を祈った人たち。
生き返ることを念じて善行を重ねて生きてきた人たちの生き様がすごい。

失敗ノート

ume-1.jpg
築山節氏の本によると
「失敗ノート」をつけて自分がした失敗を分析することにより、脳の問題を自覚することができるとのことです。
小さな失敗はすぐに忘れてしまいます。
その小さな失敗の中にこそ、大きな失敗を未然に防ぐ警告が含まれているのだそうです。

忘れ物をするということは、無意識的に物を置いている場合が多い。
ということは、意識的に整理する習慣が欠けているということ。
身の回りの物の整理が機能的にできていない人は、基本的な段階での思考の整理もできていない人である場合が多いとのこと。

また、周りの人から受けた注意も失敗ノートの書き留めておいて、冷静なときに見返して反省することによって、大きな失敗を未然に防ぐことに繋がるとも書いておられました。

さて、今日は部屋の掃除をして整理整頓しよう。

褒められる

suisen (1 - 2)
先日糖尿病の検診に行ってきた。
いつもの血液検査でヘモグロビンA1Cの数値が少し下がっていたのでドクターから褒められた。
平常の食事と散歩による運動が功を奏したらしい。

これからも努力するようにと励まされた。

褒められるということは嬉しいことです。

写真のUP

snow (17 - 17)
長崎無線開局100年閉局10年記念の懇親会を開きました。
そのときの写真をUPLOADしました。

http://picasaweb.google.co.jp/syamanishi86/JOS#

もしよろしければ見てみてください。
プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
老境、清々なり、なにごともそこそこに、ほどほどに。

老人のしぐさはできるだけ、はしたなくしないで、見た目が美しく、老木に花が咲くような趣になることである。
初心を忘れざること。
(花伝書より)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。