スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索

daikonhana.jpg

本屋で立ち読みしたが、Windows Vista の 検索機能は素晴らしいらしい。

我家で探し物をするときの検索機能はうまく働くように出来ていない。

何かを片付けるとき、直すときは何処でもかしこでも、その時の気分で置きっ放し。お陰で時間は掛からない。

しかし、目的物を探すときは時間が掛かるが見つからない。いらいらは募る一方でストレスはたまりいいことは1つもない

これからは片付けるときに、探すときの事を考えて時間をかけて見つけやすいように仕舞う。

そうすれば見つけるときに時間が掛からなくて気分が良い。

さて、このような環境になるのは何時のことやら
スポンサーサイト

チャランポラン

anemone6.jpg

「チャラン」はペルシャ語で 羊や牛が草原で草を食べているところ
「ポラン」は空を飛ぶ鳥 だそうです。

つまり、自由に楽しく生きることがチャランポラン

広辞苑によると 「浮ついて、いい加減なこと」 と書いている。

浮ついていい加減でも自由に楽しく生きたいものです。

安徳天

antokuten.jpg

労金友の会健康ウォーキングに参加しました。
本諫早駅から有喜まで島原街道を歩きました。
途中「二位尼」「安徳天」の碑にお参りしました。

平家落人伝説によれば、1185年長門の壇ノ浦で敗れた安徳天皇とその主従は、壇ノ浦→豊前(大分県)→肥後(熊本県)・五箇米良から有明海を渡って島原半島→雲仙を越えて南串山村→千々石湾を更に船で渡って有喜海岸に上陸。

有喜から陸路を通り、鶴田峠から女夫木の山の背まで歩いて来た所で源氏方に探知され、遂に天皇は不運の最後を遂げられた。
里の人たちは深くその死を悼み、遺骨を納めて石碑を建て手厚く葬った、とある。

温暖化防止

nanohana4.jpg

温暖化防止キャンペーンのために壮大な計画が遂行中です。
興味にある方は見てください。

http://www.asahi.com/life/update/0311/004.html

天使

boke5.jpg

東京下町のバタヤ部落の“アリの街”の住人たちの、よい友となり、短い一生を終わった北野玲子(きたのさとこ)さんは、いつも彼らに語りかけていたそうです。

「醜い中にも美しさを、卑しいことにも尊さを、乏しい暮らしにも豊かさを、まずいものにもおいしさを、苦しいときにも楽しさを、ニッコリ笑って発見しよう」

と。

彼女が“アリの街の天使”と讃えられ慕われた所以です。

お雛様

ohinasama1.jpg

女の子のお祭りお雛祭りです

うちにかみさんはパッチワークでお雛様を作って愉しんでいます。

長年お友達とお喋りしながら作り溜めた作品を展示しています

コツコツとした仕事も会場に広げて展示するとたいしたものです。

patchwork.jpg

プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
老境、清々なり、なにごともそこそこに、ほどほどに。

老人のしぐさはできるだけ、はしたなくしないで、見た目が美しく、老木に花が咲くような趣になることである。
初心を忘れざること。
(花伝書より)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。